インカ・マヤ・アステカだけが古代中南米じゃないよ!

古代中南米の本当のお宝を一人でも多くの人たちに見てもらうために・・・クラウドファンディングへの協力のお願い

画像


だれもが知っている古代中南米ってのは、インカ・マヤ・アステカっていう文明の名前とマチュピチュやナスカのようにTVや雑誌で何度も取り上げられる遺跡。でも、それらは古代中南米のほんの一部。ホントは、それ以外の文化や遺跡、遺跡から発掘されたお宝が大部分なんだ。そしてその幅広い時代と場所で栄えた文明・文化のお宝がザクザクあるのが、オイラのいるBIZEN中南米美術館。

日本の人たちは外国の有名で大きな美術館・博物館の品々が海を渡ってやってくると聞くと、ドッと押しかけて長蛇の列を作る。でも外国の美術館・博物館がとてもかなわない素晴らしいお宝が国内にあることを案外知らないし、知ったとしてもうちの美術館は岡山のはずれにあるから、わざわざ来る人は少ない。そこでオイラが全国で美術館のことをPRすると同時に、美術館のお宝をみんなの町の美術館・博物館に貸し出す活動をしてるんだよ。今年も岡山市内、愛媛、そしてひょっとすると福島の美術館にね。

ただ、たくさんのお宝を貸し出すときにいつも大変なのが資料の整理なの。作品の説明や貸し出しデータの管理、そして膨大な写真撮影。みんなの家の近くに貸し出したい気持ちはあっても、その作業のことを考えると、チョッピリお手伝いするだけのオイラもしっぽ・・・いや腰が引ける^^; そこで始めようとしているのが、その作業をものすごく楽にしてくれるデジタルデータベース作り。でもそのためには、みんなの応援(寄付)がないと出来ないの。3000円以上の寄付には、それぞれ楽しいお礼を準備。世界的にも貴重な古代中南米の文化財を保存・管理し、あちこちに貸し出せるよう応援してくれるとホントにうれしいペカ!くわしくは、ここを見てね。

https://readyfor.jp/projects/LAarchaeology


注1)3000円寄付へのお礼は感謝のお手紙だけって書いてるけど、他にも何かないかなあ?って考えてるの。ツイッターでオイラを相互フォローしてくれている人で3000円寄付をしてくれるお友だちは、コメントを残す時に必ずツイッター名でお願い。+αのお礼ができるようにね。

注2)みんなの町にうちの美術館の子(作品)たちが行くってことは、チビ土偶オイラも行く可能性大だし、チビ土偶オイラが行くってことは変身したオイラも開会式や記念事業で・・・^^ 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック